【Asphalt9】名声レベル95(・ё・)

  • 2020.06.24 Wednesday
  • 21:22

書く時間ができているうちに名声Lv95、5レベルごとの記事を書くφ(・Д・)

 


◆あと5レベル

 

あと5レベルでAsphalt9カンスト。

あ、ちなみにレベルマという言い方は嫌い。←

 

長かったような、短かったような。

いや、十分長いのか。

これほど長く、別にトップヒエラルキに君臨しているわけでもないのに、もそもそと続けてるスマホゲームも稀だ。

大概1年も経てば飽きる。

大体今までそうだった。

 

〇間的に蓄積したマンネリストレスが爆発する。(ほぼ全てやめたゲームに該当)

底の浅さが見えてしまって飽きる。(短期間でやめたゲームに該当)

システムのしんどさを感じて飽きる。(←完全にメルスト)

な薫狼い吠鬚譴襦(←完全にアズレン)

 

正直今、Asphalt9はとい離潺奪スされたところの危ういラインに居る。

実はそうだ。

プラットフォームを悪く云いたくはないけど、今日見たkunさんの動画で「何が環境に変化をもたらしたか」を身を以て実感しているから。

Switch版のリリースは良かれ悪しかれ、やはりAsphalt9界隈に影響をもたらしたと思う。

 

については、スペイベの閉塞っぷりに飽きがきた。

頑張っても報われない、あれ?いつからこうなってた?

そこそこ上位のマシンがアンロックされているにも関わらず、一向に楽にならず、手持ちのマシンどころか未知のマシンで勝負させられる、楽しさの反面けだるさ、どう足掻いても入手できない歯痒さ、そういうものが蓄積している。

繋ぎとめているものは所詮、レースゲームというカテゴリが元々好きだからというのに尽きる。

ただ、私がAsphalt9に求めてるのって結局、ガチなレースゲームというより、スマホでできる範囲のカジュアルなレースゲームなわけで、だからなおさら余りガチな方々と関わろうとしない、というのは納得がいくと思う。

 

私のゲーム観に大きな変革期が来てるのもある。

長く続けてきた、かんぱにをとうとう投げ出した。

一応、まだ再起の見込みはあるけど、もうあの★5乱発、★4以下陳腐化、部長カンスト当たり前、支社長にしてナンボの仕組みに呆れかえるようになってきた。

良いゲームなのに本当にもったいない。

まぁかんぱにの話はまた別の記事起こそうと思う。

 

立ち返って、あと5レベル・・・踏ん張れるのか、本当にLv100まで続けられるのか、不安が募る。

何故かって今回のランボスペイベで相当辟易しているからだ。

 


◆クラブマスター、休みたい。

 

本音。

昨日だっけ、とうとうこぼしてしまった。

メンタルの矛盾、さっき書いたスペイベに辟易したことも起因してるけど、せっかくのランボスペイベ頑張らなきゃ⇒あれ?結局何?届かないものを必死で追っかけてなんになるの?そういう諦めが支配するようになった。

 

もっとも私、今年の年明けからはや数シーズン、毎度毎度「来季はペース落ちる」って言い続けてた気がする。

ペース落ちるって言いながら、結局やらなきゃっていうなんか間違った義務感で上マルチはレジェンドリーグまで頑張ってた。

それも矛盾。

もうプラチナリーグどまりくらいのペースでいいやって本当に思ってるのに、・・・まぁそりゃね、クラメンがめちゃくちゃ頑張ってくれてるのにマスターがだらっだらやってるのもどうかって気にもなるので、それなりには「もうだるい」っていう心を封じ込めて、やる気を見せてきた。

本音のところでは、「だるい」んだ。

 

なんでかって結果に表れないし、一段階進む、そうAsphalt9って、なんだかんだでひとつひとつ階段を登って、違う地平が見えることが面白いと思ってたんだ。

それがここんとこ変わらない景色ばかりを眺めてる気がする。

 

もうすぐ今のシーズンも終わる。

シーズンが終わると気持ちを切り替えて、っていうモチベーションの再起動をやってはいるんだけど、なんかこうね、スタート時点でモチベ下がることが往々にしてある。

 

本音は、休みたいっつーか、まったりしたい。

ガツガツしたくない。

ランボスペイベ終わったら、次のシーズンからはもうシーズンパス買わない。

徒労に終わることが分かったから。

 


◆何がそんなにモチベを減退させたのか

 

間違いなく、始めた当初には無かった鍵車の存在だと思う。

なんであんな余計なものを作ってしまったのか、本当にあの仕組みの実装が疑問だ。

それまでなら、頑張ればいつか報われるが、それ相応に形になってきた。

 

「お前が頑張らないから入手できない」

それは確かにそうだ。

あれ?Asphalt9って、そんなガチ勢御用達のゲームだっけ?

ぶっちゃけた話を言うと、格ゲーとか諸々のゲームカテゴリがそうだけど、マニアックに走り過ぎるとそのジャンルは廃れる。

良いけどさ、そういう人たちのための方舟になればさ。

 

珍しく今季は別にやる気もなかったのに、初めてGP参戦してるけど、参戦しててもやっぱり乗り気じゃない。

こう言っては元も子もないけど、「負けることが確定している勝負に挑んで、何か得るものはあるのか」

無いよね。

 

甘えてると言われてもしょうがないけど、TD勢はカテゴリ分けて欲しいなって正直思う。

これにはちゃんとした根拠がある。

システム的にもルートが限定される上に、ルーティングに数秒の差異を見出す致命的なデメリットがある。

これで一緒に走れと言われるのが無茶な話で、私は意地でも非TD操作をしたくない派で、その理由は前にも述べた通りなので今更繰り返すこともしないけど、これって言ってみれば、F3カテゴリのマシンでF1マシンに勝てと言われてるのと一緒なわけで、そんなもん誰が考えても道理に合わないと分かるだろう。

「そこにプレジャーが見出せないから、TDでしか走らない」

 

腕比べなんぞ望んでない。

そんなもんは速い奴が速いに決まってるし、挑む気もない。

要するにガチでやる気なんてさらさらない。

リアルでカートで走る分、私はこと「タイムアタック」というものは好きな筈なんだ。

だけど、Asphalt9のタイムアタックは余り好きではない。

何故なら、レコードとしてゲーム内に実績が残らず、プレイヤー各自で自己管理するしか策がないからってのも一因。

 

ただそれでもマルチはそれなりに楽しんでいる。

マルチって意外となんとかなるものだから。

GPモードってそうじゃない。

弱者の戦略なんて通用しない。

別にノクダ厨ってわけでもないけど、ペース配分にせよ、レース戦術にせよ、マルチは経験を積めば、TDだろうがそれなりに鍛えられる。

創造力をかきたてられる非TDに比べて不利であるにも関わらず、だ。

だからGPモードは納得できない。

 

つい先日の話だけど、TDだからこそキリキリしないで楽しんでるって話をした。

どのみちガチで走ってもTDは数秒遅いんだ。

その数秒遅いハンデを如何にして潰していくかが楽しいと思ってるし、簡易操作で集中できて不本意な局面がある程度相殺されている分、TDは気を楽にして遊んでいられる。

だから続けてこられたのにな。

 

窓版で非TDの練習をした時期がある。

スマホではコントロールがままならないにせよ、パッドならなんとかなるやろって思ってた。

車を操作するからにはアクセル/ブレーキ操作が無いと全然面白くないという違和感だけ募って、結局それが大きなストレスとなって、やっぱAsphalt9はTDでいいやって考えに行き着いた。

 

で、窓で結局アレやん、パッド操作でアクセル/ブレーキまでちゃんとできるってのを考えてたら、アセットコルサとか買っちゃったりしたわけだよ。

あれは完全にAsphalt9で実現不可能なことを私に与えてくれたってだけの話だ。

アセットコルサも気が向いた時しか遊んでないけども。

たまに走らせると楽しい。

 


◆結局愚痴になってるw

 

なんとかかんとか、Lv100までは続けてみる。

乗りかかった船だし。

ただ、その先はどうするか正直分からない。

まだ走り足りないって思ったら続けるだろうし、もうおなかいっぱいって思ったらプツッとやらなくなると思う。

 

これではっきりした。

私はAsphalt9にカジュアルさ程度しか求めてない。

 

スポンサーサイト

  • 2020.09.22 Tuesday
  • 21:22
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    CLUB "Dance with Speed"

    準備中)Oo(・ε・)

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM