【PANGYA DEBUG】(2020/04/14一部削除修正)デバッグパンヤ:導入の手引き?

  • 2020.04.14 Tuesday
  • 22:29

3年前に日本鯖のサービスが終了した『スカッとゴルフ パンヤ』

プレイしてた人も多いと思うけど、もう終了して今現在はタイの正式サービス以外に正規で遊ぶ方法が無い。

※一応、タイ公式サービスのほうで遊んではる日本人パニャリストも居る。

・・・んだけど、タイエミュ鯖のNEW GENとかあるけども、タイ語が理解できないのでイマイチI/Fの意味が分からずにわずらわしさを感じてしまう。

そういうアレで、US鯖準拠+αのデバッグパンヤというエミュ鯖でパンヤがプレイできる。

ただ、クライアントの導入が若干ややこしいということで環境整備の参考に記事化することにした。

 


《注意というか免責事項》

あくまでうちではこうだったよ、ということで、絶対に動作可能であると、保証できるものかと言えば申し訳ないけど自信がない。

参考としてこういう風に導入するよ、という資料として見てほしい。

デバッグパンヤは私が初期導入した頃とは専用センターアプリのUIが変更されていたりするため、将来的にはSS画像が古いバージョンとなる可能性がある。(デザインが変わっているかもしれない。)

 

また、デバッグパンヤは、継続して遊ぶにあたって、アップデートの都度パッチファイルの上書き操作を手動で行うことになるので、その手間を理解した上で導入を検討してほしい。

 

※もしかしたらなんらかの指摘(ツッコミ)が入って、後日修正するかもしれない。



◎◎◎ 各見出しへ ◎◎◎

 


 

◆前提環境

 

まず環境としてはWindows10であること、できれば32bit版ではなく64bit版でうちでは動作確認ができているため、Win10-64bitを推奨。※MacのBootCamp+Win10でも同様に動作できるかは未確認。

 

適切な圧縮解凍ソフトの準備。

これは一応、私の使用実績ということで、Lhaforgeという解凍ソフトをお奨めする。

下記リンクからダウンロードしてインストール、必要に応じて細かい初期設定を行う。

 

⇒ 窓の杜:Lhaforge

 

どうもこの圧縮解凍ソフトにまつわる圧縮ファイルからの解凍に難があるらしく、違うソフトで解凍した場合、全てのファイルが正しく配備できない可能性が報告されているので注意。

まず今手元にある圧縮解凍ソフトで試して、手順上手詰まりが起こったら、上記のLhaforgeを試し、それでも駄目だった場合はrar形式や7z形式の圧縮ファイルが解凍可能なソフトを試行錯誤することになる。

※Lhaforgeで拡張子関連付けして解凍すれば、おおよそどんな圧縮ファイルにも対応しているものと私は思うけど。

 

[2020/03/27 加筆 始]

ヒロ君氏の情報提供、起動実績として、WinRarも解凍に有効とのことです。

[2020/03/27 加筆 終]

 


◆PANGYA DEBUGポータル

 

下記リンクがPANGYA DEBUG(デバッグパンヤがいつの間にかこういう表記になってた)にアクセス。

 

⇒ PANGYA DEBUG:home

 

こういう画面が現れる。

 

 

上段の[GAME DOWNLOAD]をクリックか、下にスクロールしていくと、下のSSのようなダウンロードリンクに行き着く。

 

 

色々あるけど、基本的には"Debug Pangya Client File"と"Debug Pangya Patch File"の二つの[Download Here]から、GoogleDriveのページにリンクしており、そこからクライアント(US ver.8.51)とデバッグパンヤでプレイするためのパッチをダウンロードする。

※Lhaforgeのダウンロード後自動展開を選択していると、ダウンロード後にエクスプローラが開いて解凍内容が表示される。

 選択していない場合は手動で解凍操作する。

 

標準的環境として、「ダウンロード」フォルダに配置されたものと想定する。

 


◆クライアント、パッチの解凍

 

この時、まず確認して欲しいことがある。

 

 

このようにPangyaUS_851.rarの中身が解凍されるが、以下の2点を確認。

.┘スプローラ下部ガイダンスの項目数が「134個の項目」になっていること。

解凍した内容にupdate.exeが含まれていること。

これらが異なる場合、解凍に不備があるため、他の圧縮解凍ソフトを利用して正しく解凍されるように工夫する必要がある。

※何故不足してしまうのかは不明。rar拡張子にしっかり対応してないソフトがある??

 

[2020/04/14 削除 始] ※この操作は不要と分かったため削除

update.exeが存在することが確認できたら、念のため同じフォルダの中にあるProjectG.exeを起動する。

[2020/03/27 訂正 始]

update.exeが存在することが確認できたら、念のため同じフォルダの中にあるupdate.exeを起動する。

[2020/03/27 訂正 終]

これは正規のパンヤクライアントのため、正規サーバから公式アップデート内容をダウンロードしてくる操作である。

完了したらそのまま遊ぼうとしても何もできないのでクライアントを終了する。

[2020/04/14 削除 終]

 

《要注意!》

この後、デバッグパンヤのパッチファイルを導入するが、導入後は絶対にupdate.exeを起動させないこと。

何故かというとデバッグパンヤのアップデート内容がUS公式の内容に上書きされてしまうからだ。

もしパッチ導入後にアップデートをしてしまった場合は、パッチファイルを再度後述操作で上書きして対処する。

 

次にDebug Pangyaで遊ぶためのパッチファイルである。

 

 

debug-patch.zipの内容は上のSSの通りで、こちらも下部ガイダンスの項目数が「7個の項目」となっていることを確認。

※これはまず間違いは無いと思う。間違いがあったらそれはデバッグパンヤ運営の方の不足かと。

確認したら一旦これは何もせず保留。

 


◆起動環境の整備

 

基本的にドライブルートから下るどこにゲームの起動フォルダを置いても、ゲームの起動は可能。

 

 

参考までにうちでの環境は、"E:¥home¥exec¥"配下に"PangyaUS_851"のフォルダをそのまま移動してきて、"PangyaDEBUG"というフォルダ名にリネームしている。

なのでぶっちゃけ"C:¥"ルート直下に"PangyaUS_851"のフォルダを移動してきても問題無い。

 

ここで一つだけ注意点があるが、"PangyaUS_851"フォルダをリネームする際に"デバッグパンヤ"にするとか、うちの環境を悪い例として構成すると"E:¥home¥アプリ¥"配下に"PangyaUS_851"を配置するなどはやめてほしい。

どういうことかというとフォルダ名に和名を用いると起動しなくなるとのことだ。

必ず1バイト文字の欧文名でフォルダ構成を行う。

 

"PanygaUS_851"フォルダを適切なフォルダ構成で配置したら、もうひとつの"debug-patch"フォルダ、debug-patch.zipの解凍内容だが、こちらの中身、1フォルダ+6ファイルを全て選択し、先程フォルダ構成/配置したところに上書きする。

 

この操作で公式の"ProjectG.exe"がデバッグパンヤ用のそれに置き換わり、配備したフォルダの内容は142個に増加している。

[2020/03/27 訂正 始]

この操作で公式の"ProjectG.exe"がデバッグパンヤ用のそれに置き換わり、配備したフォルダの内容は138個に増加している。

[2020/03/27 訂正 終]

ちょうど先程のSSのような内容になっている筈だ。

パッチファイルの上書き操作は、デバッグパンヤのアップデート都度、手動で行うことになるため、これは回数を重ねて慣れていくしかない。

 


◆Debug Center.exeの初回起動/レジスト

 

パッチ当てが終わったら、いよいよデバッグパンヤへの接続だ。

遊ぶ際は"Debug Center.exe"を毎度クリックすることになるので、デスクトップかクイックアクセスバーにショートカットを作成しておくことをお奨めする。

 

 

起動するとこのようなポップアップが出てくる。

初回は右中段にある[REGISTER]ボタンから、初回のユーザ登録を行う。

ちょっと今SSが撮れないので、テキストで手順説明する。

 

[REGISTER]ボタンをクリック

⊆,防充┐気譴"Please Enter Your E-mail"ポップアップで、使用可能なメールアドレスを入力し[SEND]をクリック。

F力したメールアドレスにトークンキーが届くので、これを次の"Please Enter Your Token"に入力、[SEND]をクリック。

REGISTERポップアップで、希望アカウント名/希望パスワード/希望パスワード(確認)/誕生日/性別アカを選び、[REGISTER]ボタンをクリックすれば登録完了となる。

《アカウント名入力の注意》

US公式サーバ準拠の環境のため、日本語入力は禁止。

入力内容が"-- already used."とレスポンスされると既に使用されている名前のため、他のアカウント名を使用する。

パスワードも当然英数半角での入力となる。

 

ここまでこれば、もう後は遊ぶだけである。

一旦、"DebugCenter.exe"を終了する。

・・・が、何かしら"Debug Center.exe"が例外ハンドルを踏んでしまった場合、インストールに不備があるため、"update.exe"の公式アップデート適用からやり直し、パッチ当てを再度やり直す。

 


◆ゲームの起動

 

"DebugCenter.exe"を起動する。

 

先程の画面だが、この画面の説明。

ID/Passの入力欄と[LOGIN]のボタンはゲームを起動するものではなく、デバッグパンヤ独自のクラブ(クラン)管理やアイテム販売、特別なガチャポンタのサービスを利用するためのものである。

ゲーム起動前にちょっとのぞいて色々確認してみるとよい。

※独自サービスの画面にも左下に[START]ボタンがあり、ゲームの起動は可能。

 

[START]ボタンはゲーム本編の起動なので、いよいよ本当にパンヤをやることができるヽ(・Д・)ノ

 

※※※もし起動できなかったら、ウイルス対策ソフトやファイヤウォール設定で引っかかっているので、ProjectG.exeの通信が可能となるよう除外設定をする。

 


◆一応、デバッグパンヤのアレヤコレヤ

 

デバッグパンヤのポータルページ、[INFOS](SERVER CONFIGS)にも明記されているが、このエミュ鯖では初回から既に10Mpp、10Mcpを所持しており、プレイヤーレベルもProEからのスタートとなる。

このアドバンテージは結構大きい。

 

一応、寄付という形をとっているが、リアルマネーを寄付することによって、さまざまな特典が用意されているので、特典の内容を見て欲しいものがあれば、寄付を検討してみてもよい。

※絶対寄付しろとは言わない。

 

ゲームサーバ構成が本鯖のソレとは大きくことなり、トーナメントや対戦の役割毎に分割されている。

ルーム名がVISUAL BASICだったりJAVAだったりとイミフだけど、・・・まぁそのうち慣れる。

 

また、カードホリックの排出率やカード合成によるスーパーレア(SR)/シークレット(SC)の作成率がかなり緩く、ちょっと購入するだけで欲しいシークレットが入手できたりする。

 

デメリットを挙げておくと、なにせ有志が運営してくださっているエミュレーションサーバの性質上、回線状況やサーバの安定度によりけりで鯖落ちが起こることがある。

あと、前述のとおり、デバッグパンヤ独自のアップデートは手動によるパッチ当てのため、適用する際はポータルから新しいパッチデータをダウンロードし、再度パッチ当てを要する。

 

とは言えだよ

パンヤが好きなようにプレイできたり、私みたいなセルフデザイン描きは最初から潤沢に与えられるCPで好きなだけ原本を買って、好きなだけセルフデザインができるので、凄くありがたい。

興味が湧いたら、一度チャレンジしてみるのも、過ぎ去りし日のパンヤ島を懐かしんで訪れてみるのもまたよろし。

 


◆更新パッチ手順(2020/04/06 加筆)

 

デバッグパンヤでは、「アップデートパッチを導入してください(英語)」の通知がDebugCenter起動時に出た都度、手動でアップデート操作を実施することとなる。

基本的には、「◆起動環境の整備」で記載した内容とほぼ変わらない手順を踏むが、改めてその手順を加筆することとした。

アップデートが必要となった場合は、こちらを参考にしてほしい。

 

DebugCenter起動時にアップデート導入を促す通知が来たら、デバッグパンヤ公式ページを確認する。

 

導入当初のクライアント、パッチのダウンロードページと同じところで

"Debug Pangya Patch File"

"Debug Pangya Patch File (Alternative Link)"

のどちらかをクリックする。

どちらでもよいが、一応中に入ってファイルの更新日付の新しい方を新パッチとして導入したほうがいいかもしれない。

※もしかしたら運営さんがアップデートファイルのリリースでミスしてる可能性が無くもないので。

 

前者GoogleDrive側の更新内容。

 

後者MEGA upload側の更新内容。

 

基本的にはこのページのおなじみの"debug-patch.zip"のみが更新されているため(最終更新日付を確認のこと)、このファイルだけをダウンロードでよい。

※他が更新されてたらちょっと今のところは分からない_(┐「ε:)_
ダウンロードしてきた"debug-patch.zip"と、これを解凍した中身、ファイル自体は初回導入時と全く変わらない。
・・・まぁ画像の通り、debug-patchの内容を全て、デバッグパンヤの管理フォルダへ上書きするだけでよい。
後は通常の起動手順に従い、DebugCenter.exeからクライアントを起動して、動作確認のこと。

 

スポンサーサイト

  • 2020.09.22 Tuesday
  • 22:29
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    CLUB "Dance with Speed"

    準備中)Oo(・ε・)

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM