【Asphalt9】名声レベル75(・ё・)

  • 2019.12.22 Sunday
  • 14:27

お察しの通り、名声レベル5刻みくらいでざっくり更新してるA9の記事)Oo(・Д・)

プレイ歴で云うとそうね、もう1年2ヶ月になるのね、早いなぁ。

 


◆Dance with Speedの喜ばしい話

 

前のシーズンで若干ナーバスになりかかってたというか、一応素直な私のクラブ方針を述べたことで何かが壊れてしまったらどうしようと不安になってたけど、そんな不安は杞憂だった。

 

前のシーズン終盤以降、クラブ内で射程圏内に捉えられる人は上マルチで積極的にレジェンド、もしくはプラチナリーグへの昇格を志す人が多くなって、俄然クラブが活発化してきた。

前のブログ記事でさ、名声を一人ぶっちぎりで稼いでるけどって話したけどさ、今季それも言えなくなったよね。

 

皆稼ぐようになったからwww

 

やばいわー、もうウカウカしてらんないわー。

名声トップを抜かれそうになって必死になってもがいてるくらいやわ。

 

一番喜ばしいことは毎シーズンなんでかなーってなってた、実績0で半数をキックせざるを得ない状況が、

 

今季はキック対象ゼロ。

 

素晴らしい。

20人が20人、全員名声ポイント稼いでる。

名声ポイントの多寡はあれど、これはクラマスとして凄く喜ばしい。

過渡期のアスファルターの疑問「上位勢はなんであんなに名声ポイントをガバガバ稼げるんやろう?」

その壁を乗り越えた人もクラブ内に増えてきたことを意味する。

だから前シーズンまで私の名声ポイントぶっちぎりだったのが、ノウハウが見えてきて、ガレージレベルさえそれなりに整ってこれば、5桁まで載せられる人が急激に増えたってことになる。

こういう変化を目の当たりにすると本当にクラマス冥利につきる。

 

折しも師走、年末繁忙期で遊びたくても遊べない人が多く居る時期にここまでクラブが変化したこと。

 

半年前だったら、ほぼ2人だ2人。

銀さんと私と2人。

それが今や膨れ上がって、半年新陳代謝を繰り返して肉がついてきて、今本格的にDance with Speedがポテンシャルを発揮し始めたようなそんなかんじ。

半年前にまさか20名満席のクラブになるなんざ想像もしなかったし、このままほぼぼっち風味のクラブ環境でもあっしは満足でさぁくらいだったのになw

有り難いことである(・人・)

 


◆名声ランク75

 

ここんとこマルチは、・・・まぁ悲しい事に仕事が暇な状況にあって時間があるというおかげさまで、1シーズン諦めてプラチナに落ち着こうと思ってたのが、気がついたらレジェンド常連にはなってた。

それもこれもクラメンの追い上げがあっての突き上げ食らって、いかん抜かれる、抜かれてるっていう切迫した状況が形成されてるのも多分にあるけどw

 

そんでも上位3000位以内に入るだけのスタートダッシュもしないので、そこにはたどり着けないんだけどね。

一度3000位圏内に入れるかどうかって時にあの分厚い壁に辟易したのもある。

 

いいやー、所詮あっしなんざもっさりアスファルターっすからぁ〜

 

なんのかんのでガレージも現在64台、気が付けばなかなかアンロックできなかったおサルテさんも★5。

前スペイベでは今までスペイベ期間中に一度も入手できなかったスペイベマシン、バティスタのアンロックが出来た上にその前のスペイベで登場したZENVOまでアンロック出来たというホクホク状態。

 

やっぱりね、それなりにね、戦力が整ってこないといかんともし難いと思う。

・・・という諦観と常識を覆す存在が現れたからたまったものではない。

 

夜咲さん。

 

A9やればー?って誘って、前シーズン残り4〜5日の段階でいきなり初心者が上マルチゴールド昇格とか。

私シルバーが関の山だったんだけどなぁ。

で、今シーズンもしっかりゴールドまでは昇格してる、マシン揃ってないのに。

 

そうこうしてるうちに先日のアップデートで、大阪コースが実装されて、またこの大阪が絶妙に景色が大阪ナイズ(?)されてて、レイアウトも面白くて走ってて楽しい。

二の丸庭園の桜をコースに盛り込むとか、ほんとゲロちゃんしっかりロケハンしてんだなって感心した。

 


◆今回スペイベ

 

風籟のスペイベかと思いきや違うよね。

風籟は現在スターアップMAXまで上げられて、後はエピックインポートを揃えるのみ。

ちょっと前グリフィス実装時にそれまでのWEEKLY勢力図を塗り替えて、グリフィスが席巻するようになったけど、今度は新たに風籟がそこに殴り込みをかけてきそう。

 

いうても私、E-TENSEかエリーゼくらいしかWEEKLYで使わんのやけども(´・ω`・)

 

正直今回のスペイベ、序盤で投げそうになった。

パトカーの挙動が悪辣過ぎて、不快感を禁じ得ない状況に陥ったから。

あとスペイベパックの相変わらずの引きの悪さな。

よくあれだけの数の設計図を集めたわと感心する。

 

ただ風籟のその先がある。

続くんかなぁ・・・これ。

スペイベというと毎度毎度中盤以降、アンロックしていないマシンを使用せざるを得ない状況を作られて、結局全部達成できなかったりが当たり前なので不安しかない。

幸い序盤の苦しさから考えると中盤に差し掛かる頃には幾分か楽な難易度に落ち着いてくるので、あの序盤をどう乗り切るかが重要なんだろうけども、ストレスたまるなあれはw

 

スポンサーサイト

  • 2020.02.09 Sunday
  • 14:27
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    CLUB "Dance with Speed"

    準備中)Oo(・ε・)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM