マジカミの話(・ё・)(2019/07/05追記アリ)

  • 2019.07.04 Thursday
  • 22:56

始めてから毎日こんだけやってるってことは、ハマってるんだよなぁ、というマジカミの話。

 


◆本当にブラウザゲーか!?

 

クライアントアプリをインストールしてコレなら、別段何も驚かない。

これが同じDMMでやってる、かんぱにやとうらぶと同じブラウザゲームだということに驚愕を禁じ得なかった、それが第一印象。

 

正直私ね、かんぱににしたって、アレ他のDMMゲームと比較しても一線を画して完成度高いと思ってるの。

あそこまで繊細に作り込まれたデザインって色々かじってみたりしたDMMゲームの中でもなかなかない。

そりゃあ他に人気があるものもあるだろうけど、既にマンネリ化して久しい、何度もそろそろ潮時かなと思ってそれでも続けているのは、やっぱりこれって凄いって思ってるから。

だから、誉めるから、早くHTML5化してよヽ(・Д・)ノ ←これが言いたいこと。

 

で、マジカミなんだけど、システム的にはまだまだこれからアップデートしていくんじゃないのかなと思う。

ただ、出だしからしてなんだこの気合の入り方・・・っていうやばいくらいのクオリティ。

 

ウェイトターン制バトルで、あぁこれかんぱにでもきっちりターンを隔てるんじゃなくて、こういう形のがしっくりくるかもなぁって、ちょっと感心した。

ただシステム的にはありきたりではある。

それを補強しているのは間違いなくスタイリッシュなビジュアルとサウンドだ。

 


◆ヒロイン

 

魔法少女?きんも〜★から始まるこのゲーム。

ホーム画面のヒロイン達の何気ないカラオケルームでの雑談聴いてるだけでも、それぞれの個性が垣間見れる。

でね、私ね、ギャルゲーでよくある「全キャラ攻略」とかいう概念がよく分からなかった性質なの。

そんなん好みの問題もあるし、無理してそんなに好意を持てそうにもないキャラまで攻略する必要あんの?って考えてたの。

 

 

マジカミやると、その「全キャラ攻略」したいって気持ちがよく分かった。

好意的であることの優劣はそりゃああるんだけど、例えばマジカミ界の日塔奈美(ちょ)、余りにも普通な花織にしてもちっぱいがいいとかそういうことじゃなくて独特の魅力がある。

ここあの屈託の無さや、丹の色気の影の寂しさとか、全員が全員、全く別々の魅力を醸している。

全キャラ攻略、というのとはニュアンスがちょっと違うけど、全員をまんべんなく大事にしたいっていうか、なんかそんなかんじになってる。

 

当初このゲーム、始めたのがマジカミDX(R18版)のほうで、別にR18版じゃなくてもいいじゃんってことで、序盤のうちに一般のほうに切り替えた。

なんかDXのほうはエロ成分が足りないらしく、「え?うっそやろ?いきなりスタートから濡れ場やで?最初だけなん??」と驚きを隠せなかったwww

正直どうでもいい。

 


《2019/07/05 追記》

◆[追記]マジカミとマジカミDX

 

R18版の方の補足、ちょっとマジカミ→マジカミDXのほうに同期してみた。

あ、このゲーム、一般とR18と相互同期できる。

だから私みたいにDXで始めてから無印にすることもできるし、その逆もできる。

 

ちょっと進んだ状態で、マジカミDXのほうのHシーンなどを確認してみた。

とりあえず3種類のそういうモノが確認できた(そういうモノw

 

.好函璽蝓漆聞埔緘生するHシーン

▲劵蹈ぅ鵑箸凌凸度に応じて段階的に発生するHシーン

B進URドレス限定だけどURドレスのレベルに応じて発生するHシーン

 

,藁真要素強め、一応閲覧前に警告が出る。

グロとか凌辱とかが苦手な人は観るのやめといてね、的な。

まぁ多分言わなくても想定できることだと思うけど、敵に凌辱されるヒロインである。

 

△呂泙 △気に入りのヒロインとラブラブなかんじのもの。

 

はドレスに関わるエピソードに連動して、エロシーンになるやつ。

 

アレだ、ちゃっかりアニメーションする、それもヌチャヌチャアニメーションする。

するんだけど、淡白っちゃ淡白、なんていうかDMMR18のゲームのソレとさほど変わらないかと。

どっちかというとカメラワークで雰囲気を無理やり出してる感が強い。

あんなことやこんなことで云うと、あんなことしかしない(どんなことだよw

表現しづらいけど一言で言えば「単調」

 

あと、ログで雰囲気を出すということは一切排除している。

ログに流れるのは、ほぼヒロインの喘ぎ声のみである。

なにかって煽情的な文章で雰囲気を出すってことは一切していない。

エロいかエロくないかって云うと、私の感覚的にはあぁエロいなって思うんだけど、文章で感情の揺れ動きや情景描写などというものが一切ないので、多分そういうのを求めてる人には受け入れられない。

 

妙に納得したのが、無印で進行して一度イベント見てるわけで、そのイベントの中にDXでのみ閲覧できるHシーンが文字通り挿入されている。

あぁなるほどねー、DXだとこう進行するのかーって妙に納得。

確かに無印だと妙な間があったり、唐突に急展開だったりした、その狭間の部分だわ。

 

が余り活かし切れてないのかなぁって思った。

あくまで色んなURドレスを持ってる人だけの特典だとは思うけど、「UR持ってりゃ勝ち」と思えるほどの性能差があるにはあるけど、このHシーン必要ある?ってくらい、むしろ蛇足にすら感じるというw

 

《2019/07/05 追記 ここまで》

 


◆戦闘システムとUI

 

戦闘システムはよくあるウェイトターン制バトルなので、とっつきやすいっちゃとっつきやすい。

UIも分かりやすく、スキルも直感的でクールタイムと相談しながら、どのタイミングでどのスキルを繰り出していくか、程よく考えられる、考えるというより各個撃破するにはとか、苦手なやつを先に倒しておきたいかもとかその程度だけど。

 

なにより秀逸なのは、オート周回操作。

このテのゲームのだるさを一気に解消するという、そんなゲームやる必要あるの?ってかんじだけど、これがある。

レベルアップは強化でしかできない、せいぜいキズナLvが戦闘参加することで上がっていくだけだ。

キズナLvって何かといえば、とうらぶで言うところの乱舞Lvと同じような扱いと考えて相違無い、キャラ個別のストーリーが見れるという大きな違いはあるけども。

で、じゃあレベルアップもできないオート周回に何の意味がっていうと、レベルアップに必要な素材とお金を貯めるのに非常に便利なのである。

これをいちいちいちいちチマチマチマチマやってたら、なんだこれ、ってすぐ投げ出しそうな退屈さだけど、オート周回は見事にその煩わしさを解消している。

しかも結構うまみがある。

 

キャラを強化するんじゃなくて、着ているドレスを強化することで強くなっていく。

うちの場合今のところ、一番最初に来たURがEvoマリアンヌだったので、勝手にリジェネして勝手に強力で至高の戦力になっちゃってるけど、そんな風であっても他プレイヤー対戦であるサバトでは得手不得手が発生する。

 

BGMはGANG PARADE、やべぇ、もはや計画的犯行と言えるほどマッチしてる。

 

ブラウザゲーで割と重要なUIだけど、凄く分かりやすい。

何をすればいいのかが直感的に分かるような整然とした作りになっている。

あえてロードラの名前を持ち出すとするなら、ロードラの何が好きってデザインのスタイリッシュな統一感、キャラデザのブレなさだったんだけど、登場人物こそすくなけれどマジカミも同じような統一感があることに物凄く好感を持ってる。

 


◆可能性

 

マジカミの可能性、こういうブラウザゲーをぶっこんできた新鮮さ、というより、やはり第一印象の「お前のようなブラウザゲーがあってたまるか(でも実際にある」という驚愕のリアルに私は別の可能性を感じた。

それはマジカミそのものの可能性というより、さきごろ発表されたGoogleのSTADIAと似たような方向性をブラウザゲーでも打ち出せるという可能性だ。

 

STADIAはサーバサイドで処理されて、クライアントの性能に依存しないというのが強みと言われるけど、正直まだ体感もしていない5Gの次世代通信網に全依存しちゃっていいものなのかってところが疑問となった。

そんだけ膨大なデータをぶん投げてくるってことは、回線環境が最重要だし、本当に実現できるのかと首を傾げる。

まぁ将来的にはできるんだろうけど、全世界的にその波が本当に来るのかなのよなぁ。

 

で、マジカミをあえて次世代ブラウザゲーと位置付けると、これって推奨がChromeなわけだけど、・・・ぶっちゃけた話、うまいこと表現できれば、艦なんとかさんのアーケード版みたいのが、ブラウザ版で実現されてもおかしくないってことよね?

それって凄くない?

だって、マジカミのUIですら、現行環境で何の引っかかりもなくこれだけ軽快に動かせるってことは、それこそGoogleのSTADIAを待つまでもなく、ライトゲームはマジカミをお手本にしてこれからこの流れが主流になってきても何もおかしくないと思うの。

 

次世代かんぱにとかないっすかね、そのままデータ移行して、かんぱに2とかあったら最高っすよ。

今のままのかんぱにでも悪くないんだけど、こんなの見せられちゃあ、ちょっと将来を期待しちゃうじゃないか。

 

とにかく、ブラウザゲーとして新たな可能性を開拓したのは間違いない。

 


◆将来性の疑問

 

私はマジカミの将来性については、疑問を抱いている。

DMMゲームズのゲームってある日突然サービス終了が多い。

だから予定収益面とか、なんか鳴り物入りで総製作費が歴代最高とか謳ってるけど、それ自体が大丈夫なん?それでそれ以上のリターンを得られる施策は用意されてるの?って素朴な疑問がある。

 

下手したら数か月で終わるコンテンツなのかもしれないっていう危機感はある。

かのガールズシンフォニーがせっかくモールモースのナントヤラのような戦闘システムで攻めてきたと思ったら、途端にサービス中断になり、生まれ変わってーとか言って新しいのの戦闘システムは花騎士みたいなかんじになってて、そんなのガルシンの意味ねぇじゃねぇかってなったり、改善ばかりでなく改悪も有り得る。

 

末永く愛されるゲームなのか?っていうと、・・・うーん、誰かはまどマギみたいななんか鬱展開っぽいとか、シュタゲのオマージュじゃねぇかとか言い出しかねない話の展開だし、ちょっとその辺はどうかなぁって考えてる。

だからマジオススメだよ、やってみるといいよ、なんて今のところ言えないのだ。

 

かんぱには今から始めてもいいよ|Д・)ノ

あと2ヶ月もしないうちにアニバーサリーイベント始まるだろうし、またその時は大盤振る舞いするんだろうし、考えてみたらそういうとこがかんぱには恐ろしいな、いや梨木恐ろしいなって思う。

スポンサーサイト

  • 2019.08.15 Thursday
  • 22:56
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    CLUB "Dance with Speed"

    準備中)Oo(・ε・)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM