【Asphalt9】名声レベル55(・ё・)

  • 2019.06.29 Saturday
  • 10:50

書くことなけりゃAsphalt9の話を書け、ということでー。

 


◆窓A9

 

・・・窓A9の話を先にしておこうφ(・Д・)

ぶっちゃけ飽きた。

 

いや飽きたというのは適切ではないな、ドライブプレジャーをそれほど感じなくなった、というのが正しい。

元々泥A9をやってて、一番序盤の頃に「ステアリング操作ってこのゲームに必要ある?TDで十分じゃん?」ってところに逆戻りしてしまった感。

その根本理由は、私からしてみればAsphalt9というゲームは「コース選択ができる気持ちいいジェットコースターゲーム」でしかないわけだ。

何故なら、アクセル/ブレーキ操作ができないのにレースゲームってのも変な話よねと。

 

ついさっきまで購入してやってたAsset Corsaとの比較になるんだけど、Asset Corsaはレースシミュ、ちゃんとアクセル、ちゃんとブレーキ、アメージングでトリッキーな走りはできないものの、マシンを本当に操作する、ドライビングスタイルとして「ねじ伏せていく派」なのか「うまくいなす派」なのかは分かれるところだけど、本来レースゲームってのはそういうものだ。

これはAsphalt9を始めた時に既に気付いていたことで、「アクセル操作すらできないゲームって面白いんだろうか?」っていう疑問から始まって、何故かそれが面白いになってしまったから、変な違和感を抱えたまま遊ぶことになってた。

 

で、アスファルターなら当然「TDで走るよりも、実際ジャイロやステアリングで走ったほうが速いんだぜ?」ってことを考えてると思うし、理解もできる。

ミッションのクリア条件として、タイム規定をクリアしないと報酬が貰えないものが圧倒的に多いので、TDでコースが限定されてしまったが故にタイムが伸び悩み、報酬を取りこぼすなんてこともザラに起こるわけだ。

勿論、ステアリング操作にはステアリング操作でしか不可能なルーティングだとかトリックだとか、そういう一歩先に進んだ魅力がある。

TDで走れなくて、TDオフ教習をしてみたら、やっとTwitterやYouTubeで上げられてるうまい人の走行動画に似たルートやライン取りができるようになって、それはそれで楽しかった。

 

もう一つ、付随的な理由は泥A9を先に始めてしまったこと。

いやそれ自体も間違いではない。

そもそもAsphalt9というゲームはスマホの操作系で遊ぶことを前提としてデザインされているのは間違いない。

だから勝手に探して見つけて、某バンナムのアレみたいな綺麗になっただけの淡白なゲームじゃねぇのかよこれって疑いながら始めて、すぐに「うぉ、こりゃすげぇ、おもしれぇヽ(・Д・)ノ」という走る悦びに変換されたのは望外だった。

泥A9にはお金をかけて取得したエゴイスタがある。

それは窓A9には無い。後から始めたせいで凄くガレージが貧弱に思えてしまう、当たり前だ、まだガレージレベル6だし。

・・・となると、段々フラストレーションが溜まるわけだわ。

泥だったらこんなマシン使えるのに窓じゃまだまだ使えない、んで泥のレベルまで持っていこうと思ったら、また半年苦行を続けなければならんのか、くそだっるい・・・って思っちゃったわけ。

 

後は泥A9、窓A9共通だけど、マイキャリアはあっても「マイヒストリーは保存されない」ってことね。

どんだけ気を吐いて走っても自分で別途管理してなきゃ、例えばローマのコース"SAINT PETERS KICKOFF"の自己ベストがどのくらいかとか、このゲームは一切管理してくれない。

そこあんまり重要視されてない感がある。

またAsset Corsaの話になるけど、こっちだと例え練習走行でも、プラクティスの自己ベストは〇〇で保存しますよ、というのがしっかり管理される。この違い、凄く大きい。

 

そんなこんなで窓A9は捨てることにした。

たまに思い出して走る気になるかもしれないけど、あくまで気の迷いでしかない。

実はひっそりと窓A8もやってみたんだけど、残念ながらA9と比較して、A8の挙動は個人的に気持ち悪い。

良く言えばゲーム然としてて、元々A8を先にやってたらとっつきやすかったんだろうけど、A9の挙動のほうが私は好きだ。

同じシリーズだけど全くの別ゲーってくらいフィーリングが違う。

 


◆泥A9

 

で、泥A9をメインストリームのまま、アスファルターライフを謳歌してやんぜ、ってことに。

一応ね、極論派に対する反論として言いたいのは「TDで走るなんて遅い、速く走りたきゃさっさと卒業して慣れろ」ってのは正論だし、Asphalt9というゲームをやる上では割と分岐点として明確に実力差が操作系によって生まれるところでもある。

だが私はあえてTD派を通すこととする。

前述したとおり、Asphalt9というゲームはスマホに特化した操作系になっているゲームだ。

ジャイロ操作、タップステアリング操作もサポートされているけど、私はどちらで走るにしても、TD以上のドライブプレジャーを見出せない。

まずスマホというデバイスの操作系としては、多分歳のせいもあると思うけど、「コントローラ繋げればステアリング操作するんだけどなぁ」ってとこに行ってしまうくらい、慣れる慣れない以前に走れない。

走れない、ってことはないだろう?という意見もあるだろうけど、それを立証したのが窓A9なわけだ。

あれって一応キーボード操作とXBOXコントローラ操作のどっちも試して、後者でないと私は満足にコントロールできないことが分かったんだ。

 

コントロールできないってことは、何のためにこの爽快感溢れるゲームをやってんだってことになるんよ。

別に速く走るっつったって、イベントの度に色んな記録がリセットされていくし、元々世界最速を志すほどのガチっぷりでもないし、サンデーアスファルターとして気軽に流すにはTDのまま楽しむほうがいいという結論に達した。

 

泥A9、今はスペシャルイベント「ラフェラーリアペルタ」開催中。

このSpE、初めてまともに「今回はイベントでアンロックできるんじゃね?」って思える進捗になってる。

ちょこっとフォルムが違うだけで、ただでさえかっちょいいラフェラーリが、更にかっちょよくなってるからやべぇ欲しいと頑張る。

そういう意気込みと同時に今回のイベントは敷居がやや低くなった感がある。

なにせ私ですら、所持車種で取得可能なアペルタ設計図が思うように取れていくほどだからだ。

※今までのイベントだと、半分以上取りこぼしてた。

所持車種が潤ってきたこともあるけど、各コースのルーティングを微妙に調整したり、ポイントポイントを修正したりしてることで、やっぱちょこっとずつ速くはなってるのね。

ただ依然として、泥A9スタートから9ヶ月が経過してコツコツ積み上げてきた苦労人ロベルト・モレノ(例えが古い)のような私だから、今こうして報酬を獲得できる環境が整ってるわけで、始めたばかりの人、まだまだガレージレベルが潤沢でない人にとっては、「は?何このスペシャルイベントとかいうやつ、まるでできねぇじゃん、アホらし」ってかんじなんだろうなぁとは思う。

間口はもうちょっと広げてあげてもよいと思うんだけどね。

 

私みたいな「360たのしー、バレルぐるぐるたのしー、ヒャッハー!!」だけで遊んでられるある意味幸せなアスファルターだから続けられるって話で、一つ言っとくよ。

せっかくこんなにいいゲームなのにカジュアルな筈が異常な敷居の高さのせいで、ユーザを取りこぼすなんてアホな運営手法だね、ゲームロフトさんよ。

まぁ一介のユーザとしてそんな心配はわざわざしたくねぇってのは、最近本当に思うので、ユーザはユーザらしくただ遊んでるけどね。

これが某有名ゲームのプレイヤーだったら、全力で運営擁護してやれ練度不足だの愛が足りないだの、糞の蓋の役にも立たない自己責任論押し付けてくるんだろうけどね。

 

せめてロケーションによって、クラブ関係の報酬縛りを緩急つけてほしいかね。

今のままじゃ、大手クラブさんに移籍するしか強くなる方法ないし、大手クラブさんに行けば行ったで当然縛りきついし、ゲームにまでノルマ持ち込まれるの嫌だからそういうとこへ行きたくないのね私。

 

まぁそんなこんなでガレージの概況。

ランクAマシンがそれなりに整ってきた。

マクラーレンP1がスター残してるのと、VLFがモリモリ強化中なのを除いてはアベJとか取れてないマシンの陣容をどう整えていくかが課題。

ランクBはコルベットマンセーになってきてる。

003Sがなかなかスター埋めきれない中で、「ランクDのエリーゼに代わる高い安定性と共に獰猛さを併せ持ったやつ」ってことでコルベットを走らせるのが凄く楽しい。

待望のランクS勢は、メインに置いているライカンがようやっとランク3700に達し、マルチなどでは未だに使えないにしろ400KPHオーバーのたわけた異次元ドライブが楽しくなってきた。

エゴイスタはエゴイスタで時々走らせてヒャッハーしてるけど、今はどっちかというとチタンだとかライカンのほうがチェンテに代わって使われ始めてるあたり。

 


◆クラブ概況

 

相変わらずと言っていいのか、2人体制で特に募集もかけてないままダラダラやってる。

なんかもうそういうので疲れるのもだるいので、このままでいいやーとか思ってる。

 

スポンサーサイト

  • 2019.08.15 Thursday
  • 10:50
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    CLUB "Dance with Speed"

    準備中)Oo(・ε・)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM