風を読めない空気読めない:こどおじの話

  • 2019.06.02 Sunday
  • 10:56

はい、就職氷河期第一世代、生き方が非常に不器用な私がお送りします|Д・)ノ

 


◆平成31年2月、私は「こどおじ」になりかけた

 

・・・というか、今も抗ってる状態。

それ以前に色々誤解されていることが多いようなので、一体「子供部屋おじさん」ってどういうことかを今一度見直す。

実家暮らしの単身者、親元から自立しようとしない(自立できない)私らの年代層に増加傾向にあり、一番誤解されているのはこれって「就労者」を指して言うのであって、「ニート」や「引きこもり」とは全く別の話。

 

だから昨今の皆様ご存知の事件で、「無職」の犯人が「こどおじ」と呼ばれているのは完全な誤解。

 

私も「こどおじ」になる要因は現在進行形ではらんでいる。

まず私、知ってる人は知ってるけど離婚して息子様の養育費を払ってる上に非正規雇用で働いてるわけよね。

著しく経済的困窮状態にありながら、一人暮らしで毎月高い家賃払って生活してるわけ。

田舎で給与の3分の1以上を家賃に跳ね飛ばすってのはかなりリスキーよね。

「部屋変わればいいじゃん」とか「引っ越せばいいじゃん」とか安易に言われるけど、色々処分するものが多く、引っ越しするにしてもコストがかかりすぎるために居座り続けてるような状態。

 

世間の逆風とは裏腹にうちの両親からは、・・・まぁ長男ってのもあるし、無駄な家賃払うくらいなら実家に戻れ、って、今年の2月に最後通牒的に言われたんだわ。

それ以前にも言われてはいたんだけどね。

 

正直、私の現在の経済状況からすれば「こどおじ」化した方がなんぼかお金も浮くし、経済的困窮状態から脱出できる安堵感があることも理解している。

だけどそれを上回って、悪いけど両親への嫌悪感のほうが強いので、一緒に住みたくないのだ。

否、一緒に住みたくないっていうか、もう少し黙ってくれれば住みたい。

いい加減高齢だしな。

2月に最後通牒的に実家に戻れと言われた時に親父に言われた言葉がこうだった。

 

一人で調子付いて高い家賃払って勝手に苦労してるくらいなら戻ってこい。」

 

客観的に観て、そうだろう。

高い家賃払って、一人暮らしをするほど、かつてのような収入もない。

その意味では調子に乗ってると捉えられても仕方がない。

だけどな、言って良いことと悪いことの判断もつかないこういう奴のところで世話になりたくもないってのが本音。

逆にそれが仇となって、じゃあ勝手に苦労して暮らすわ、って結論に達してしまった。

今までも態度を軟化させて、そろそろ実家に戻らないとね、とか、このタイミングしかないな、って時に戻れたんだけど、その場面場面で悉く、こっちの感情をうまいこと逆撫でする言葉が出てくる。

「そんなもん一時の話だから戻ってあげればいいじゃん?」って普通の人なら考えるだろうけど、こういう言葉を毎日聞かされてみ?

まじ気ィ狂うで?

子供の頃、親父の暴威とも呼ぶべき、そんなことはしていないと親父は言い張るけど、身体に傷が残るほどの日常的暴力を通ってくると、それがトラウマになって委縮するもんやで。

周囲からも「実家近いんだし戻ればいいじゃん」って言われるけど、「あぁ、実家帰ったら気が狂うから嫌なんです。」ってあっさり答えてる。

つまるところ、そういう意見に従って事件性のあることが起きても誰も責任とれない。

私ですら責任とれない。

だから戻らないことになる。

 

きっと私が何かしら事件起こしたら、このエントリが衆目に晒されるんだろうなぁw

・・・という自分に対する予防線を張っておこう。

 

「こどおじ」にならなくて済んでる。

・・・んだけど、実情としては「こどおじ」になりたいんだよね、なれるんなら。

それは「自分を殺せる」んならね。

おかんからは「家に戻ってきたら、なるべく顔合わせないようにしてもいいから、戻ってきたほうがいいんじゃない?」とある意味優しい言葉をかけられてるけど、それこそ典型的な「こどおじ」じゃないっすか?

いつかは戻らなければならない。

でも今ではない。

状況的には今すぐにでも戻りたい。

 

もう一つ、周囲の心無い言葉が私を傷つけてること、私を心配して声をかけてるから反論はしないけど誰も分かっちゃいない。

「魚住さんはちゃんと毎月養育費払ってるんだね。でも生活が苦しいんならもう養育費払わなくてもいいんじゃない?養育費って大概の人は払わなくなるもんだよ?」

これホントに傷つくよね。

世間の養育費に比べたら自分に大きな過失がないから本当に少額なんだけど、私は息子様の養育費と学資保険の積立は自分の生活を削ってでも維持しなければならない第一優先の支出だと考えている。

それしか今、息子様にしてあげられることがない。

男親として口が出せない。

口が出せるけど、どうしても今は他家の子供だから、そこは一線引いて、「お母さんの言うことは聞きなさい」だとか、ごく基本的な躾の部分、例えば「挨拶や感謝の言葉はちゃんと言いなさい」だとか、そういうことしか言えんのよ。

 

だから一般的な独身男性よりも子供有バツイチである分、私の月々の支出って大きい。

大きい上に収入が少ない。

つまり詰んでるw

 


◆「こどおじ」ってしょうがないと思うよ

 

だって私も物質的に「こどおじ」って状態にないだけの話で、経済的実情的には「こどおじ」であっても何もおかしくない状態なのよね。

若い時に実家暮らしの人が余裕ぶっこいてるのを見て、ただでさえ一人暮らし歴が長い私は、「外に出て少しは生活の苦労しろよ」って言ってた時期があった。

それは経済的に余裕があったからまだ言えたことだと思う。

転職が多い私は求人広告を目にすることが多々ある。

どんどん要項の給与下がってるよね。

何らかの資格持ちであっても下がってる傾向にある。

何のために仕事をするのか?最低限の生活保証をされないレベルまで給与レベルが落ちてる。

しかもちょっと条件いいなって思ったら、若年者の育成のためとか言って雇用年齢制限かかってるのが常。

そりゃもう身を寄せ合って生活するしかないでしょ。

笑い事じゃないでしょ。

 

私は若い頃の後悔というか、いくつもの分岐点を悉く踏み間違えたか、或いはチャンスを掴んだにせよ何かしら大きな失敗をして職を辞する状況に陥ったか、振り返ると色々とある。

後悔じゃねぇな、悔いてはいないから(´・ω`・)

順調に一流企業に就職しました、でもリストラという体の良いクビ切りをされました。

その後余程いい条件を渡り歩かなければ、今の時代生き残れない。

よく私の過去の職歴の話をすると、「すげぇことやってんじゃん!?なんでこんなとこに居るの?もっと稼げることいっぱいあるじゃん!?」って言われるんだけど、生き方が不器用なんだからしゃーない。

すげぇことをやってるのは周りがすげぇことをやってるだけで、私はそのオコボレに預かってただけかもしれない。

 

まぁとにかく成功する人間ってのはひと握りなわけよ。

で、成功しなかった人間の一定層が「こどおじ」になるわけで、一つ誤解しないでもらいたいのは、「こどおじ」=悪ではないってことね。

これ、私も実感してるけど、社会情勢的に隅っこに追いやられてしょうがなしに生きてるんだ。

努力しなかったから報われないわけでもない。

努力してても努力のアピールの仕方が下手だったり、上昇志向が感じられずコツコツとやるタイプで努力を「使いやすい駒」と見なされて気がついたら頭打ちのままだったなんて人も中には居ると思う。

私は努力って言葉自体が嫌いだからしないけど(´゜ω゜`||)

 

20〜30代の頃って、貧乏ってなんやろ?なんで貧乏になれるんやろ?そりゃ私も借金したことあるけど、それイコール貧乏とは直結しなかったなぁ、不思議だなぁって思ってた。

家が元々困窮してた、だったら分からなくもない。

今貧乏とか困窮ってのを実感してる。

なんだかだでプールされていた数百万の貯金が前職に身を置いたせいでたった3年で枯渇した実情を鑑みても、こりゃひでぇなって思わざるを得ない。

 

社会に出たら人間関係もあるだろう。

既にお気づきの賢明な方も多いだろうけど、私は人付き合いが極端に下手だ。

距離感分からない。

特に実感するのがバブル期イケイケを通ってきた年齢層の人とは極端に指向性が合わない。

しかもそういう方々が上長だったりするから、余計始末におえない。

「口は悪いけど生真面目だし気が付くし出来る人だと思ってるから、その口の悪さだけ直せばいいのになぁ」って前に言われたことあるけど、正直この「口の悪さ」って言うのは単純に言葉遣いが荒い、っていう話ではない。

割とズケズケと物を言ってしまう口の悪さだ。

あ、親父譲りなのか(白目)

砕けて言葉遣いを荒く自己表現していることはある。

その荒いも表層的にはあるけど本質はそこじゃない。

 

説明すると事例を挙げればこうだ。

上長が「これこれこういうやり方で仕事を進めて欲しい」と言う。

ある程度のディスカッションをする。

私が「それだとこの部分を後に回して、こうしてからやったほうが作業性も上がるし、効率的じゃないですか。」って言う。

しかも割とこれが丁寧な口調で言うもんだから、ある意味小馬鹿にしているように聞こえるらしい。(関係者談)

 

若い人、これ読んでるなら覚えておいてね。

上長は「これこれこういうやり方で作業を進めて欲しい」って言ってるんだよ。

だったら私がとるべき回答は「はい、その方法で作業を進めます」で良いんだよ。

それが非効率だとかなんだとかは置いといてだよ。

上長の立場からすると(なんだこいつ、指示した通りにやればいいのに。そんな提案されたらまるで俺が無能みたいじゃないか。)って悪印象を持つんだよ。

上長はメンツをつぶされたって思っちゃう。

勿論、上長の寛容さによっては「良く気が付いた。流石だわ、任せて良かったわ。じゃあお願いね。」で済む人も居る。

それでも肚の裡では(こいつ鼻もちならねぇな、くっそむかつくわー)って思ってるかもしれない。

でも己のプライドが優先か、仕事の迅速化が優先かを秤にかけて、後者を優先できる上長も居るので、そういう人には積極的に上申したほうがいいと思う。

そうでなければ、ちゃんと人を見て(この人めんどくせーな)って思ったら、ハイハイって言っておいたほうが楽ってこと。

世の中、くっそめんどくさいね。

 

いくつもいくつもそういうつまづきをして、なんでうまく運んでる筈なのに別の側面でうまくいってないように思えるんだろうって考える頃にはもう遅い。

「アイツ、使いづらい」って印象持たれたらもうダメ。

誰かが言ってたけど、大なり小なり日本の会社組織はイエスマン養成組織だから、出世したきゃ逆らっちゃダメ、上の人がシロと言えばシロだし、クロと言えばクロ、はい、そうですねクロですよね!、って相槌打てるくらいじゃないと生き残れないって話、ガチでそうだよなって思う。

それが嫌なら独立して自分の思い描く形を作れる環境を構築しなきゃダメ。

 

で、「こどおじ」の話だったね。

「こどおじ」と自覚してる人が居て、これ読んでくれてたら考えて欲しいんだけど、多分皆先行きのことなんか考える余裕ないんだよね。

今日を生きることで精一杯、長くて給与スパン的問題で今月どうしようか、くらい。

そりゃそうさ、真面目に人生設計できるほどの財力を抱えてたら、もっと長期展望できるのにそれがないから生き方に苦労して疲弊していかなきゃいけない。

私の立場って、「サテライトこどおじ」だと思うんだ。

別に家賃出してもらってるわけじゃないけど、立場的には「こどおじ」となんら変わらない。

ただ自分が自分であり続けようとするばかりに一人暮らしを固持してるだけに過ぎない。

 

この間「魚住さん再婚する気はないの?」って聴かれて、「いや全くありません。」って即答した。

元嫁に対する義理立てではないけど、息子様に対する義理立てではある。

後は、例えば彼女できて結婚したいって言われたとするやん?

ぶっちゃけ彼女に養ってもらわにゃ無理やで?

ポリコレ云々おいといて、私、男だから、男の矜持として、それイヤやで。

第一、こんな冴えないおっさんを好きになる女性が居るか?おらんで?

ゲームばっかりやってるゲーム部屋おじさんやで?あかんで?

 

自分をどこまでdisれば気が済むのかってかんじになるので、この辺でやめとくけど、端的に言えば経済事情としても生活事情としても「こどおじ」と分類されてる人は、その程度の多寡や意識してるしてないの差はあるにせよ、「追い詰められた存在」であることに変わりないと思う。

まず近い将来に絶対に降りかかるのが、介護の問題。

私不安なんだわ、「おめぇの世話になるくらいなら、老人ホームに入るから安心せぇ」と両親に言われてるから、あぁそうね、で済ませてるけど、例え老人ホームに入ったとて、完全放置ってわけにもいかんわけ。

いやほんと出来の悪い息子ですんませんね。

稼ぎは少ない、介護はしなきゃいけない、でも介護にかまけてると収入減る、詰んでるやん。

営業やってたときにとある他社の営業の方が挨拶に来て、「母親の介護のためにどうしても離職して時間がとれるところに転職しなければならんのです。すみません。」って離職されたんだけど、あの時自分も直面するであろうその状況に戦慄したのを覚えている。

その時を迎えるための軍資金(介護医療費)は有る?無い?

無いなら貯めるだけの余地は有る?無い?

無いんだよ実際。

かっつかつだから。

 


◆「こどおじ」=悪ではない。

 

それだけはしっかり世間の論調に流されないように意識してもらいたい。

私は実情的にしょうがないって理解してる。

自分も「サテライトこどおじ」だし。

 

「あの人こどおじなんだって、きもーい」って誰かに陰口叩かれたら、「今は笑ってるけどお前もいずれそうなるんだよ」くらいに思っとけばよい。

むしろそうならないように国全体が修正されてくれればいいんだけども。

 

大体な、所帯持ってもな、今両親の世話にならずにむしろ両親を扶養して暮らせてますって世帯って今どんだけある?

比率的に相当少ない筈だし、中小企業の課長クラスでもそこまでは面倒見切れないんじゃないかと思う。

では事あるごとに両親に金せびって・・・例えば子供にこういうもの買ってあげたいんだけどちょっとうち苦しくてー、親父ぃなんとかなんないかなぁ?って状況、割とあると思うよ。

胸を張れ「こどおじ」

別に何も悪くないわ。

そんなことはない、社会が悪いのではない、そんなものは自己責任だって自己責任論にすりかえる人も居るとは思うけど、じゃあ上手な生き方ができない人間は首吊って死ねとでも言いたい?

田舎で多いけどさ、両親がある程度の資産形成してて、自動車免許とったら親に車買ってもらったわー、とか、結婚したら家新築してもらったわー、とか、ありがちな話やん。

出世払いでちゃんとそのご恩を返していってるわって人も居るんだろうけど、そうでないのなら、それ「こどおじ」とどう違うん?

「こどおじ」って現代社会を表すモデルケースってだけで、一般的にはそう何も違わないんじゃないのかな。

世の中にはずっと独身でもコツコツ真面目に働いて、50代でようやく結婚した人も居る。

それも結構身近に。

親の金で才覚も無いのに事業興して失敗しまくって、失敗してもそれを失敗と認識せずに散財しまくってなんだか知らないけど事業継続してる人も居る。

それも結構身近に。

一括りに「こどおじ」っていうレッテルを貼ってたりするけど、そんなの何も悪くなくて、今の時代生きる中小企業以下の社会人殆ど、大なり小なり似た側面を持ってて、レッテル貼られた人間を「格下と見なして」底辺が底辺を蔑む構図を作りたいだけでしょ?違う?

 

こんな世の中だけど、強く生きていかなきゃいけない、ただそれだけなんだ(´・ω`・)

 

スポンサーサイト

  • 2019.08.15 Thursday
  • 10:56
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    CLUB "Dance with Speed"

    準備中)Oo(・ε・)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM