三菱アイちゃん1周年

  • 2019.08.03 Saturday
  • 11:59

写真くらい張れ(´゜ω゜`メ)

・・・と言うところだけど、残念ながらアイちゃんの写真1枚も撮ってない。

そんなアイちゃんの1周年を機にこの1年を振り返り記事化。

 

・・・仕方ないから写真拾ってきた)Oo(・ε・)

 

 


◆アイちゃん、とは

 

そこから?

現在の私の愛車、三菱アイのことである。

軽自動車、660cc、ターボ車、無駄に前後輪15インチ標準で履いてるやべぇやつ、そしてリアミドシップ。

もっともミドシップなのは、1年前に乗り換えた時の記事でも書いた通り、納車された後だったんだけど。

↑知らずに買った。

 


◆乗り換えの時は不安だった

 

なにせ初めて買う軽自動車、んで三菱車だったので、まるでフィーリングが分からん。

そりゃ軽自動車を運転したことはあるけど、パワー無かったらヤだなー、坂道登らなかったらヤだなー、などマイナスイメージが先行した。

しかもアイちゃんは既に生産終了車種(※電気自動車のアイ・ミーヴは現行)のため、一昔前の車種。

 

知ってる人は知ってるとおり、私の前の車はアクア。

オレンジ、目立つ、無駄にスポーツオプションで足回りが標準仕様よりちょっと良かった。

ハイブリッド特有の出だしカコーン!と出てくのに慣れ切ってた。

・・・が故に初の660ccな軽自動車で、スタートのもたつきが戸惑わないかも不安だった。

 

某有名中古車ディーラーの営業さんが納車の時にこれでもかというくらい綺麗にしてくれてて大変満足。

 

意外と運転席は広く感じた。

もっとこじんまりしてて窮屈なんだろうと思ってた。

インパネはコンパクトで情報が集約されてて、速度表示はアクアと同じデジタル。

タコメーターもその外周についてる。

更に要らないと言って憚らなかったカーナビまでついてる、データ古いけど。

見たくなかったなぁ、過去に自分がかかわったカーナビの後継機なんて・・・。

しかしこのカーナビというか、オーディオシステムは割と重宝してる。

一昔前の車なのでCDくらいまでかなと思ってたら、SDカードにmp3の音楽やたらめったら好きなだけぶちこんで聴けるから。

 


◆軽と侮るなかれ

 

さて、ドライブフィール。

スタートは違和感なし、パワーがしっかりと後輪で押す、後輪駆動だからな。

いや、実際初運転まで諸元も見ずに「軽だしコイツFFだろー?」と思ってたのに、乗ってみたら「あれ?この車前輪で引っ張ってるんじゃなくて後輪で押してない?」って気付いて、その話を会社でしたら同僚に「そりゃそうだろ、あれってMRやろ?」って言われて、え?え?ってなった。

外観見りゃ気付く筈なのにね、フロントにエンジンがおさまるようなスペースが全く無いw

 

アクアの時もそうだったけど、アイちゃんも実際、この車前から乗ってたっけ?と思うほど素直に最初からフィットした。

その次には、あ、この車楽しい、きっちり覆われたカートみたいなもんや(だいぶ違う)と走るのが楽しくなる始末。

 

今年2月に一度やらかした。

ガソリンスタンドに入る際に目測を誤って、あろうことか右フロントを縁石に派手に乗り上げてしまい即パンク。

幸いボディとサスには目立った障害無し、しかし軽としては特殊な15インチタイヤが取り寄せとなり、修理に1日待ちとなった。

1日で済んでよかったけども。

 

ターボ車、これが大きなメリットなのかどうなのかは正直よく分かってない。

ただ高速に至る加速段階では、非常にスムーズに噴き上がってくれる。

そも普段通勤にそこまでターボを使用する機会がない。

小さくてまんまるいボディとは裏腹に、こいつ、走るぞ!?ってくらい中身が獰猛なのは違いないけど。

 

足回り、やばいくらい安定してる。

昨年冬、20cmくらい積雪の際も「いけるいけるー(ホントはアカン)」とタイヤ交換せずに通勤したんだけど、この車の安定感たるや、ケツを振ることはあってもそのまま派手にスピンするような無様な事が無い。

まぁそこでアクセル踏むのか、ブレーキ踏むのか、適切なアクセラレーションを維持して車体をあるべき方向に逃がすのかという操作判断もあるけど、ケツを振ろうがしっかり挙動が直ってくれる扱いやすさは素晴らしいと感じた。

まぁ、一般道走行には申し分ないし、いくら安定しててもアホみたいに横Gかけたら横転しそうなものだけど。

 

タイヤを泣かせることはあるのはある。

あるんだけど、それでもきっちり自分が操作したいように追従してくれる。

 

軽であることの不安を全くもって払拭してくれたお気に入りの1台に1年を待たずしてなってくれた。

 


◆変なところで仕様が特殊

 

ライト転倒時のハイビーム切り替えが今までの操作パターンと違う。

例えば対向車に道を譲る際に普通の操作系ならパッシング操作1回でいいんだけど、アイちゃんの場合はちょっと違い、1回操作でスイッチオン→ハイビーム・・・ハイビームのままになっちゃうので、戻す操作が必要になる。

これ細かいけどちょっとだけ不便(´・ω`・)

 

あとオイル交換時にお店のスタッフさんが時間かかって戸惑ったのが、ドレンボルトのボルト径。

通常サイズは大概17なのにアイちゃんのドレンボルトは24)Oo(・ε・)

待ってる間にえっらい時間かかってんなぁって思って、スマホでネット検索したらそういう情報が出てきて、あぁ、そこも特殊だったんだと依頼してから気付いた。

 

乗ってないと分からない話、この車エンジンどこにあるの?ってなるんだけど、後部ラゲッジスペースの下部、ラゲッジの床板をとるとコンパクトなエンジンが姿を現す。

で、この位置が余りに絶妙で、アイちゃんって、車体四隅に車輪が張り出したデザインだもんだから、本来ならそれでもRRのエンジンレイアウト位置だけど、リアミドシップと言えるのはこの配置だから。

ここにエンジンがあることと燃料タンク位置がホンダ車と類似して重心を下げるデザインになってるので、あんなモコッとまるっとしたデザインなのにやたら安定性が高い。

 

エンジンオフにしてから、轟音が鳴り響く。

実はこれが一番うるさい。

最初戸惑った。

何が起こってるかというと、エンジンクーラーが停止後も冷却を続けるのですげぇうなるw

 


◆課題は燃費だった

 

ハイブリッド車から普通の軽自動車に乗り換えた。

諸元の燃費からして全く劣るので覚悟してた。

ただやっぱり最初はえー?もう給油?って戸惑ったなぁ。

 

なにせアクアの給油サイクルって大体1ヶ月半、それもしょっちゅうドライブに出かけててである。

アイちゃんの給油サイクルは2週間、しかもアクアと同じサイズの燃料タンクでほぼ同等の給油量。

流石に紀伊半島一周してきても屁でもねぇやってアクアと比べるのは酷だけど、それでもこの差は大きい。

 

ただ、1年も乗るとだいぶ慣れたしそれが当たり前になるし、むしろ走行感覚の慣熟を終えた頃になると燃費が徐々に伸びる傾向になった。

今この猛暑の夏場にさしかかってエアコンガンガンに効かせるから、またちょっと燃費的には伸び悩んできてるけども。

で、ね、オイル交換はちゃんとしましょうってこういうときでも思うね。

やっぱオイル交換って大事っすよ。

めんどくさがって時期が来てもまだいけるって伸ばす人も多いと思うけど。

目に見えて燃費に影響するのが分かるもんな。

 

その燃費が故にアクアの時代よりも今はドライブに出かけることが皆無と言ってよい。

いやーこの1年、ほぼ行ってないわ。

もっと乗ってあげたいんだけどね。

 


◆三菱アイはイイクルマ

 

軽自動車なんてどれも似たり寄ったり、と思っている人こそ、アイに乗ってみてほしいかな。

 

私はどっちかというと「車は下駄の延長」派なので、余り参考にはならないかもしれないけど、ありきたりで主流なワンボックス型の軽に乗るのに辟易してるのなら、スタイリングも独特でエンジンレイアウトもおいソコかよで、最初から軽にしてはワイドなタイヤ履いてて、かつ可愛らしい、えー女の子向けなのこの車?と思いきや走らせるとなんだこれ面白ぇwwwって180度印象が違う楽しい車だ。

ファーストカーが中古のコレだと車の楽しさの次元がちょっと違ってきそう。

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

CLUB "Dance with Speed"

準備中)Oo(・ε・)

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM